- 高野山の散策地図と歴史探訪ガイド -

血みどろの権力闘争と密教

- Zue Maps 高野山 -

宗教都市・高野山で生み出された真言密教には、どのような哲学があるのでしょうか。 このページでは、空海が関わった「薬子の変」などの朝廷の権力闘争について考えます。

PAGE NAVI

血みどろの権力闘争と密教

空海の人生も、その矛盾と無縁ではありませんでした。実は空海が「密教」を旗印に各地で大掛かりな福祉活動を実施できた背景には、権力者たちが繰り広げた血みどろの権力闘争があります。 当時の天皇は、まだ後世のようなお飾りではなく、自らが絶対権力者でした。絶対権力を維持するためには、どんな手段を使ってでも、ライバルを陥れなければなりません。場合によっては兄弟を死に追いやることもしたのです。 しかし、その結果生まれた血みどろの怨念に、自ら手を汚した天皇はもちろん、その後継者たちも苛まれることになりました。 怨霊の筆頭格の一人が、平安京を開いた桓武天皇の弟、早良親王(崇道天皇とも)。桓武天皇に対する謀反に関わったとして流罪になり、配流される途中に「何らかの理由で」死に至りました。 そして、その後相次いだ皇太子や妃の死、疫病、洪水などの天災が、早良親王の祟りだと言われるようになります。後の三大怨霊(菅原道真、平将門、崇徳天皇)を凌ぐとも言われる大怨霊伝説の誕生です。 この祟りから何とか逃れたい(でも敵対していた奈良仏教には頼りたくない)と思った桓武天皇が助けを求めたのが、密教でした。 もともと天皇は「神祇信仰」という別の宗教のリーダーであり、天照大神の子孫であることを権力の拠り所にしていました。しかし世俗権力のリーダーとしては仏教の方が使い勝手がよかったため、「神と仏は同じものですよ」という理屈で一つにしようとしていました。それでも、神祇信仰と仏教は本来、まったく違う性質を持つ宗教なので、いろいろと摩擦が起きていました。 しかし密教の祈りの対象は、大日如来という、天照大神と同じ太陽神系のシンボルです。しかも神祇信仰の祈祷とも通じるものがある「加持祈祷」という神秘的な儀式によって、現世に利益をもたらしてくれるといいます。 変幻自在であり、どんな土着信仰でも飲み込むという大乗仏教の性質が、特に強く出ているのが密教でもあります。これを導入すれば、神仏習合は成功できるのではないか。そして自信を失いかけていた天皇の祈祷能力に、あらたな力を与えてくれるのではないか。 弟を事実上殺害した桓武天皇や、その息子である嵯峨天皇はそう考え、国を挙げて唐から最先端の密教を学ぶことにしたのです。その指導役を託されたのが「新進気鋭の革命家」最澄と、「天才プロデューサー」空海でした。 自らも革命家だった桓武天皇は、顕教・密教を問わず仏教に次々と新風を吹き込んでくれる最澄を重用。一方で嵯峨天皇は、ビジュアル的に分かりやすい曼荼羅を活用し、難しい言葉を多用せずに密教を教えてくれる空海を深く信頼し、ついには自ら空海の弟子にまでなりました。

PAGE NAVI

「薬子の変」の大怨霊候補が聖者に?

その後、新たな大怨霊が誕生してしまいそうな危機が訪れます。 嵯峨天皇が兄であり先帝でもある平城上皇と対立。平城上皇側によるクーデター未遂事件が発生したのです。「薬子の変」と呼ばれるこの事件、クーデターは未遂に終わったものの、平城上皇の寵臣、藤原仲成が処刑され、愛妾の藤原薬子が服毒自殺に追いやられるなど、血なまぐさい結果をもたらしました。 さらに当時、皇太子に建てられていた高岳親王は平城上皇の皇子だったため、皇太子をクビになってしまいました。また新たな火種が生まれたということになります。 こういった火種を煽ることで勢力をのばしてきた「藤原氏」という人たちもいますし、次のクーデターを防ぐためには、平城上皇と高岳親王を「何とか」しなくてはなりません。このクーデター未遂事件は「薬子の変」の名称で知られてはいますが、中心にいたのは平城上皇です(最近では「平城太上天皇の変」という名称の方がふさわしいと言われています)。高岳親王も、騒ぎを起こすために担ぐ対象としてはもってこいです。藤原仲成と薬子がいなくなれば決着という話ではなかったのです。 ここで、空海の受容力が大きな役割を果たします。空海は嵯峨天皇に対し、平城上皇を仏門に入れるよう進言。その後、平城上皇も、廃太子の高岳親王も、自らの弟子にしてしまいます。 平城上皇は、その後は穏やかな人生を歩みました。一方で「真如」と名を変えた高岳親王は、空海の教えを積極的に学び、高僧として名を高めていきます。そして密教の奥義を求めて唐に渡り、さらにインドに向かう途中で客死しました。怨霊になるかも知れなかった悲劇の廃太子は、空海の十大弟子の1人とまで言われる「聖者」になったのです。 空海の弟子としては2人の先輩である嵯峨天皇も、父の桓武天皇と同じような道を歩まずにすみました。絶対権力者たちの血みどろの抗争を、空海はその全員を弟子にすることによって、解決してしまいました。