- 高野山の散策地図と歴史探訪ガイド -

Zue Maps 高野山

宗教都市・高野山の観光案内サイトです。空海が拓いた修業の道「高野山町石道」、「壇場伽藍」の建築群、山上各地の観光スポット、奥の院、宿坊など、見どころへの行き方や歴史などを詳細地図とともに詳しく紹介します。

高野山の概要

高野山とは、和歌山県北東部の山々と、その山中にある宗教都市の総称です。平安初期、空海(弘法大師)が真言密教の修行道場として開創しました。 宗派は高野山真言宗ですが、古くから宗派を問わず広く信仰されてきました。比叡山と並ぶ、日本仏教を代表する聖地です。 平成16年(2004年)には、熊野、吉野、大峯とともに世界文化遺産に登録されました(『紀伊山地の霊場と参詣道』)。

高野三山

「高野山」という名前の山はありませんが、高野山には八つの山があり、その峰々に囲まれた盆地に宗教都市が形成されています。盆地の標高は800m~900mほどで、東西6km、南北3kmにわたって比較的平坦な土地が広がっています。 そのうち楊柳山(ようりゅうさん・標高1009m)、摩尼山 (まにさん・標高1004m)、転軸山(てんじくさん・標高915m)の三山は「高野三山」と呼ばれています。この三山は弘法大師御廟がある奥の院を囲むようにそびえているため、特に神聖な場所とされています。 この辺りは、和歌山県北部を東西に貫く二つの川、紀ノ川水系と有田川水系の分水嶺となっています。

宗教都市・高野山

高野山には高野山真言宗の総本山・金剛峯寺を中心に、117の寺院があります。 「金剛峯寺」とは、かつては高野山全体の寺院群の総称でした。世界遺産に登録された「金剛峯寺」も、総称としての寺院群を指しています。 現在の「金剛峯寺」は、安土桃山時代に開基された二つの寺院が、明治時代に合併してできた一寺院の名称です。一方で空海が開創した「金剛峯寺」の中心はその西側にあり、現在は「壇場伽藍」と呼ばれています。一般の人にとっては、参拝・見学の中心はこの壇場伽藍となります。壇場伽藍には神社もあり、神仏習合の時代の名残を留めています。 かつての表玄関だった「大門」は、高野山の西端にあります。そこから壇場伽藍、金剛峯寺、苅萱堂などを通って東に向かう参道が高野山のメインストリートで、その終点は奥の院です。 高野山は寺社だけでなく、役場や病院、消防署、警察、銀行、幼稚園、小中学校、高校、大学、居酒屋などを備えたれっきとした「都市」です。山上の人口は4000人ほどで、その4分の1が僧侶です。全国各地の寺を継ぐため、寺で修行をしながら大学に通う若い僧侶も少なくありません。

異世界への入り口・奥の院

盆地の東端にある「一の橋」を渡ると、樹齢800年もの巨杉や高野槇に覆われた森に入ります。ここが「奥の院」の参道で、弘法大師御廟まで2キロメートルにわたって続きます。 参道には見渡す限り、墓碑や供養塔が立ち並んでいます。互いに相争った戦国武将たちの供養塔も、ここでは共存しています。中には、数多くの信徒を殺害し、高野山を攻め滅ぼそうとした織田信長の供養塔まであります。 大名や武将だけでなく、庶民の小さな供養塔も無数にあります。数百年にわたって蓄積された死者の魂と、死者に対する人々の思いに圧倒される霊場です。

参拝・見学の所要時間

高野山には日帰りで行くことも可能ですが、色々見て回るとかなり駆け足になります。 高野山上(奥の院含む)で1泊2日、町石道などを歩くなら更に1~2日は見ておきたいところです。

高野山の天気・気候

高野山は標高800m以上の高地にあるため、和歌山県内や大阪府などの平野部と比べると5~7℃ほど気温が低く、冬の平均気温は氷点下に達します。  朝晩は特に冷え込むので、冬はもちろん、春、夏、秋でもそれなりの防寒を持って行くことをお勧めします。 降水量も、平地に比べると多めです。

年平均気温:10.9℃ 1月の最高気温:3℃           (大阪市:10℃) 1月の最低気温:-4℃          (大阪市:3℃) 1月の月間降水量:83mm       (大阪市:45mm) 7月の最高気温:26℃          (大阪市:32℃) 7月の最低気温:18℃          (大阪市:24℃) 7月の月間降水量:223mm      (大阪市:157mm)

和歌山県高野町のデータ

和歌山県高野町は、高野山を中心とする自治体です。

面積:137.08平方キロメートル 人口:3705人(2012年12月推計) 人口密度:27人/平方キロメートル 町の木:高野槇 町の花:シャクナゲ 主要産業:観光業 友好都市:香川県善通寺市

高野山の国宝・重要文化財・世界遺産

多宝塔(金剛三昧院)    国宝・世界遺産    1223年建立 不動堂(壇場伽藍)    国宝・世界遺産    1197年または1198年建立 14世紀再建 1908年移設 山王院本殿(壇場伽藍)    重要文化財・世界遺産    1522年再建 西塔(壇場伽藍)    重要文化財    887年建立  1834年再建 大門    重要文化財・世界遺産    1230年建立  1705年再建 大主殿など9棟(金剛峯寺)    重要文化財・世界遺産    桃山時代建立  江戸後期再建 四所明神社本殿(金剛三昧院)    重要文化財・世界遺産    1552年建立 客殿及び台所(金剛三昧院)    重要文化財・世界遺産    江戸初期建立 経蔵(金剛三昧院)    重要文化財・世界遺産    鎌倉時代建立  1496年移設 書院(不動院)    重要文化財    安土桃山時代建立 四脚門(普賢院)    重要文化財    寛永年間(江戸時代)建立  1892年移設 佐竹義重霊屋(清浄心院)    重要文化財・世界遺産    安土桃山時代建立 上杉謙信霊屋(清浄心院)    重要文化財・世界遺産    江戸初期建立 校倉(常喜院)    重要文化財    1631年頃建立 松平秀康及び同母霊屋(奥の院参道)    重要文化財・世界遺産    1607年・1604年建立 五輪塔(奥の院参道)    重要文化財    鎌倉時代建立 多層塔(奥の院参道)    重要文化財    鎌倉時代建立 奥院経蔵(奥の院)    重要文化財・世界遺産    1599年建立 家康霊屋、秀忠霊屋(徳川家霊台)    重要文化財・世界遺産    1643年建立